読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育士、ママになる。

保育士として働き、母親になりました。保育士だから育児は完璧…?!って勘違いです。

長男の妊娠③~退職~

私が働いていた保育園は、わりと大規模園で、とても厳しいけれど愛のある園長先生と、にぎやかで何でもそつなくこなしてしまう主任。

そして、みんな仲が良く助け合いながらがんばってきた保育士のみなさん。

おいしい給食を作ってくれて、世間話をたくさんしてくれた栄養士のみなさん。

本当にたくさんの方たちに支えられて、

指導されて、

何とかやってこられました。

 

何度もくやしくて泣き、

悲しくて泣き、

でも子どもの前では笑顔でいなきゃいけない。

 

理不尽なことばかり言う親に、

何度も頭を下げる。

 

日々追われる保育に加え、行事が近づく度に増える仕事量。

残業。持ち帰り…。

それに比例しない給料。

 

つらくて逃げ出したくなったときも、

辞めたいと思った通りときも、

立ち止まれたのは、職場のみなさんがいたからでした。

何より、やっと園長や主任に認めてもらえたことを実感してきた頃で。

期待してくれて新たにクラスを持たせてくれて。

それを裏切るような気がして、本当に申し訳なかったです。

 

でも、自分の口で言わなきゃいけない。

ただ、婚前に妊娠してしまった、だけでは済まない。

退職となると、話は違ってくる。

それがどれだけ迷惑をかけることか、良く分かっていました。

 

私は覚悟を決めて、職員室に向かいました。

 

ドアを開けようとしたとき、廊下まで主任が出てきました。

「どうした?何かあった?」

心配してくれる優しい声に、涙腺がゆるみました。

「……もしかして、赤ちゃん、できた?」

「!!!!!」

 

「どうして、わかるんですか」

 

「先生たちのことはよーく見てるから。

  そんな思い詰めた顔してたらすぐわかる。

あとは、女の勘かなぁ。

でも、うれしい報告じゃないのかな?

何かあったのね」

 

ニシシと満面の笑みで話す主任が、神様みたいに見えて、

こういう人が人の上に立つんだな、

子どもたちの先生になるべきなんだな、

と、自分が恥ずかしくなりました。

 

入籍前に妊娠してしまったこと、

仕事の継続は不可能ということ、

全て話しました。

そして、何度も何度も謝りました。

 

園長と主任は、うなずきながら、優しい目で聞いてくれました。

私は、親に言い訳をしているような気持ちになり、なんて子どもなんだろうと思いました。

 

「先生。厳しいことを言えば、何でこの時期に、と思う。保護者にも、担任になって間もない時期に伝えるのは、よく思われなくて当たり前。」

 

「でも何より、先生と働けなくなるのが悲しい。これからもっと成長して、いい保育者になっていくのを見ていたかった。」

 

私は"はい"しか言えず、泣かないように唇をずっと噛んでいました。

そんな風に言ってもらえるとは思っていなくて、驚きました。

 

「1番大切なこと言うの忘れちゃった!

本当におめでとう。

赤ちゃんは今しか大事にできないけど

保育士は何度だってやり直せるのよ。

いつかまた一緒に仕事しましょうね。

 

そんなあたたかい言葉をくれました。

声を出して泣いたのは子どものとき以来かもしれない。

情けなすぎますが、号泣しました。

 

その日、職員会議がひらかれ、私の退職が伝えられました。

みなさん、私を気遣い、本当にありがたい言葉ばかりかけてくれました。

 

仲の良かった男の先生は

「もーそんな落ち込むなや!

うれしいことなんだから!

仕事の穴埋めなんて、どうにでもなる。

自分のことも周りのことも、もっと信じなって!

子ども、可愛すぎて、産んだら俺らのことなんて忘れるから!笑」

 

私は、本当に恵まれた環境で仕事をさせてもらい、幸せ者だと改めて感じました。

 

泣くだけ泣いて、これ以上落ち込んでいたら迷惑なだけだ!と吹っ切りました!!

 

保護者への挨拶を済ませ、

(園長先生のご厚意で、病気による療養ということにしていただきました)

引き継ぎの仕事を終わらせ、

子どもたちに挨拶とプレゼントを渡し、

園の写真を撮りまくり、

 

 

私は退職しました。 

 

~続く~